全体連絡」カテゴリーアーカイブ

第6回東日本大震災チャリティー展会計報告

先日、オリエ・アートギャラリーにて4月18日~23日に開催した「第6回東日本大震災チャリティー展」にご来場、ご協力ありがとうございました。
おかげさまで皆様から金190,431円という多額のご寄付を頂戴いたしましたので、去る6月2日、岡崎、斎藤、鈴木達郎の3名が支援展メンバーを代表し相馬市教育復興基金の一部にしていただくよう、相馬市教育長堀川利夫氏に手渡して参りました。ここに謹んでご報告するとともに御礼申し上げます。
今後ともこの活動を続けてまいる所存です。引き続き皆様のご協力賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

相馬高校OBとその仲間、芸術家達の東日本大震災支援展事務局

jimukyoku

第6回東日本大震災チャリティー展、遥か彼方は相馬の空に、開催報告。

馬城会 会員の皆様へ

東日本大震災チャリティー展 第6回開催 終了のお知らせ

今回 東日本大震災チャリティ―展は4月23日 お蔭さまで無事盛大な成果をあげて終了しました。

これも一重に馬城会の皆様のお力添えがあったからと出品者一同感謝しております。ありがとうございました。

昨年11月相馬高校での展示開催の成果の流れが功を成し、出品点数、来館者、募金、等が多少、多くなったことが見られました。特に相高卒の作山忠氏にはギャラリーを例年提供していただき何かとお世話になっております。

又相高卒の岡崎昭義氏にはフルートによる相馬の民謡も演奏していただき、満員の展覧会会場で懐かしい相馬の空の下に結集し心を一つにすることができました。又 この展覧会には東京芸術大学日本画卒業 等の作家さんに賛同出品していただいています。

これからも第10回展を目指して、個性の環を力強く美しく描いていきたいと思います。
尚、今回熊本の震災にも 募金が集まりましたので早速熊本県にお送りしました。ありがとうございました。

出品者一同

20160509-1 20160509-320160509-2 20160509-420160509-520160509-720160509-620160509-820160509-920160509-10

第6回東日本大震災チャリティー展、遥か彼方は相馬の空に

第6回相馬支援展DM表1

第6回相馬支援展DMウラ

第6回 相馬高校OBとその仲間、芸術家達の東日本大震災支援展
「遥か彼方は相馬の空へ」

出品各位の皆様
2011年の東日本大震災と原発事故直後から、有志によって立ち上げられました支援展も、今年早くも6回目を迎える事になりました。  この間、多くの皆さまの、被災地への暖かな支援のお力添えをいただき、展覧会の売り上げの一部と御寄附を、相馬市復興支援子育て基金へ届ける事が出来ました。  また昨年は、相馬高校並びに福島柏屋ギャラリーにおいて、地域在住の方々との合同展など、相互の交流も行うことが出来ました。  当初より10年間の支援展継続を目標としておりますが、今後もこの志の環が拡がって行けますよう、関係者の皆様のお力添えとご協力を、よろしくお願い致します。

会期 2016年4月18日月曜~23日土曜まで

会城場所 オリエアート・ギャラリー
東京都港区北青山2丁目9番16号AAビル1階 ℡/fax03-5772-5801
共催  株式会社 織 絵 ORIE Co.,Ltd

初日18日(月)オープニングパーティー、
フルート演奏出演者
岡崎明義(元尚美学園大学教授、相高43年卒)現在、エル・システマジャパン音楽監督
佐藤彩花(尚美学園大学音楽表現学科卒)
伊藤咲希(尚美学園大学音楽研究科)
相馬高校OBとその仲間、芸術家達の東日本大震災支援展

事務局代表 鈴木龍郎(46年卒)、 櫻庭春来

合同展ギャラリー

校長室で日高校長、奥村会長、前渡辺副会長と、ウクライナ大使館からゾヤ氏の相馬の石を使ったモニュメントの贈呈式。ガラス器は横山尚人(普8回卒)贈呈、馬城会館風景、柏屋で岡崎氏の新相馬節演奏など。

IMG_20151216_0002 IMG_0098 IMG_0105 IMG_0108 IMG_0106 IMG_0112 DSCF1510 DSCF1553 DSCF1530 IMG_0164 IMG_0175 IMG_0231

第一回 相馬高校OBとその仲間、芸術家達と・相馬高校美術部の合同展

「第一回 相馬高校OBとその仲間、芸術家達と・相馬高校美術部の合同展 ―遥か彼方は相馬の空に―」の開催
相馬高校ではこの度馬城会他の後援を得て、大震災後、福島県相双地区の東日本大震災及び、震災孤児の育英援助のため「東日本大震災チャリティー展」(計5回)開催活動を行って来たメンバーと共催で、表題の合同展を下記の通り開催します。出品は、相高美術部、相馬在住作家と「東日本大震災チャリティー展」実行委員の作品のほか、展覧会の趣旨に賛同の方で参加希望のかたの応募も受け付けます(別途公募要領をご覧下さい)。
相馬はたくさんの芸術家を輩出しています。特に 戦後まもなくの美術活動は目を見張るもの があったことは皆さんご存じの方も多いと思われます。今回の活動は、卒業生の美術家達と在校生が一緒に展覧会の準備からの共同作業、作品の共同展示を行うことによって、相馬における美術活動が隆盛だったことの理解、さらにはその文化復興の契機の端緒になればと思っています。 また、今回期間中、ウクライナ出身のゾヤ・スコロバデンコ女史(略歴別添)がこの合同展参加のために来日され、21日には彼女が市内の小中学生対象に「花々と動物たち」、高校生対象に「インスピレーションの不思議」のワークショップを開いてくださいます。このような国際的な見守り、援助の元に我々が在ることはありがたいことです。
皆様、万障お繰り合わせの上、同窓であるないにこだわらず広くお声掛けくださりお誘い合わせて、多数ご来場下さいますようご案内申しあげます。
期間:平成27年11月16日(月)~21日(土)
開場:午後1時~午後5時
会場:相馬高校馬城会館(展覧会場)、若駒会館(21日開催ワークッショップ会場)
時間:午後1時~5時(21日のみ 午前10時~午後4時 )
ワークショップ 21日 若駒会館、午前 小、中学生対象 、午後 高校生対象予定
主催(共催):「相馬高校OBとその仲間、芸術家達の東日本大震災支援展」実行委員会事務局 福島県立相馬高等学校
後援:馬城会、相馬市、河北新報、福島民報社、福島民友新聞社、ウクライナ大使館(予定)

合同展の開催について